toggle
スティーブンソン

アンドリュー・ラングとアーネスト・サトウの出会い

警告: 整合性のない脚注開始用の簡単コード:

この警告が見当違いであれば、管理画面の 全般設定 > 脚注の開始・終了用の簡単コード > 簡単コードの整合性を検査 にある構文検査の機能を無効にしてください。

整合性のない脚注開始用の簡単コード:

“Antonia Taddei”

R.L.スティーヴンソンのコラム「挿絵の寄り道」が1883年刊のThe Magazine of Art(vol.6)に掲載されていますが、内容は忠臣蔵の紹介です。F.V.ディキンズ訳の『仮名手本忠臣蔵』(1880)と、斎藤脩一郎・グリー共訳「伊呂波文庫」抄訳『忠義の浪人』(1880)のフランス語訳を紹介し、A.B.ミットフォードの「四十七士」(1871)に言及しています。スティーヴンソンの記事が1883年に出版されていることが、ラングと日本との関連でとても興味深い出来事とつながっていることを発見しましたので、この出来事から紹介します。

出会い:ラング、アーネスト・サトウ、ハーバート・スペンサー、森有礼、伊藤博文

末から明治にかけて、厳密には1862(文久2)年から1882(明治15)年まで、日本で活躍したイギリス人通訳・外交官のアーネスト・サトウ(Ernest Satow: 1843〜1929)が1883(明治16)年に休暇で帰国中に、ハーバート・スペンサーに招待されたサヴィル・クラブで、伊藤博文・森有礼と共に、アンドリュー・ラングにも会ったと日記に記しています。サトウの日記を翻訳し、経緯について解説している萩原延壽の『遠い崖—アーネスト・サトウ日記抄14』(2001 [ref]萩原延壽『遠い崖—アーネスト・サトウ日記抄14』朝日新聞社、2001、p.258.[/ref])から引用します。
 帰国後[1883年2月27日]約一ヶ月がすぎたころ、サトウは森[有礼]を訪ねた。「森によると、ハーバート・スペンサー(Herbert Spencer)が非常にわたしに会いたがっているそうである。そこで先方の都合がよいときに、いつでもアシニーアム・クラブ(Athenaeum Club)に出かけると約束した。」 スペンサーは、日本の自由民権運動にも大きな影響を与えた、社会進化論と自由放任主義を説くイギリスの著名な社会学者であり、アシニーアムは、メンバーに文人や学者を多く擁する有名なクラブで、スペンサーも森もそのメンバーであった。 ハーバート・スペンサーがサトウから日本の神道について話をききたがっていることは、すでに外務省の知人から耳に入っていたが(三月十九日の項)、森有礼の斡旋で、会合は四日後に実現した。「四月九日、アシニーアム・クラブに出かけ、森からハーバート・スペンサーに紹介された。スペンサーは五十五歳(じつは六十二歳)ぐらいの、やせ形の男で、頭ははげ上がっているが、あごの下までつづくほおひげをたくわえている。神道の儀式に関連したいくつかの事項について、私から話を聞き出そうとしたが、残念ながら、わたしは答えることができなかった。かれはわれわれをサヴィル・クラブ(Savile Club)の夕食に招待してくれた。」 サトウがイギリスの著名な季刊誌『ウエストミンスター評論』(1878年7月号)に発表した論文「古代日本人の宗教的儀式」(The Mythology and Religious Worship of the Ancient Japanese)などを通して、サトウの神道研究のことは、スペンサーの耳にもつたわっていたのであろう。 まもなくサトウはサヴィル・クラブでの夕食会の席で、スペンサーと森ばかりでなく、当時滞英中の伊藤博文とも会うことになった。「四月二十八日 サヴィル・クラブで、ハーバート・スペンサーと夕食をともにし、そこで伊藤、森、アンドリュー・ラング、化学の教授だというドイツ人某と会った。」
 この会合について、ラングの側からの言及は今のところ見つかっていませんが、スペンサーがサトウを招待した理由が、サトウの日本の宗教に関する論文[ref]”The Mythology and Religious Worship of the Ancient Japanese”, The Westminster Review, July 1878,https://archive.org/details/westminsterrevi00hillgoog[/ref]にあったので、ラングもサトウの話を聞きたかったということでしょう。こんな歴史的会合にラングが同席していたというのを知って興奮しました。森有礼は1879(明治12)年11月から1884(明治17)年4月までイギリス駐在特命全権公使としてロンドンに滞在していました。1881年から参事院議長だった伊藤博文は1882(明治15)年3月から1883(明治16)年8月まで、立憲制度調査のために渡欧していました。この会合の年、サトウは40歳、森有礼は36歳、伊藤博文は41歳、ラングは39歳でした。 ハーバート・スペンサー(1820—1903)については、熊楠がラングについて述べた文章で、スペンサーやダーウィンなどと共に「素人学問にて千万の玄人に超絶せるものなり」と紹介しています(本サイト「アンドリュー・ラング紹介(1)」参照)。スペンサーはこの頃、社会学者、哲学者として絶頂期にありました。最初の本『社会静学』(Social Statics, 1851)は1881(明治14)年に『社会平権論』という題名で日本語に訳されました。その後、『心理学原理』(The Principles of Psychology, 1855)、『第一原理』(First Principles, 1862)、『生物学原理』(Principles of Biology, vol.1, 1864, vol.2, 1867)、『社会学研究』(The Study of Sociology, 1874)、『社会学原理』(The Principles of Sociology)の最初の部分が1876年に出版されています。『第一原理』は1883年に日本語訳が出ています。スペンサーは「適者生存」(survival of the fittest)という言葉を作ったことでも有名です。19世紀後半のアメリカでもスペンサーは大人気で、アンドリュー・カーネギー(Andrew Carnegie: 1835—1919)などの「抑制がなく、悔やむこともない資本主義」を鼓舞したと批判されていますが、現在では、スペンサーの再評価が始まっているそうです[ref]”Herbert Spencer”, Stanford Encyclopedia of Philosophy, Sept. 17, 2012http://plato.stanford.edu/entries/spencer/[/ref]。 スペンサーと明治日本との関係は、福沢諭吉がスペンサーの『社会学研究』を出版されてすぐに愛読し、反論も含めて多数の書き込みをしていること[ref]安西敏三「福沢諭吉の学問観:ミル、バックル、スペンサーの諸著作へのノートを中心に」、『三田学会雑誌』Vol.75, No.3 (1982.6), pp.457—470.http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php/AN00234610-19820601-0229.pdf?file_id=77321[/ref]や、自由民権運動に大きな影響を与えたとされること、また、森有礼が1884(明治17)年に英文の憲法草案を書き、スペンサーに贈呈して、スペンサーが意見を述べたことなど[ref]山下重一「スペンサーと明治日本」『英学史研究』Vol.1999 (1998), No.31, pp.43—54.https://www.jstage.jst.go.jp/article/jeigakushi1969/1999/31/1999_31_43/_article/-char/ja/[/ref]、かなり深いものがあるようです。

ロンドンのクラブ

 サトウの日記に記されていた、アシニーアム・クラブとサヴィル・クラブについても、当時のイギリス文化を知る上で見ておく必要があります。萩原延壽の解説では、「アシニーアムは、メンバーに文人や学者を多く擁する有名なクラブで、スペンサーも森もそのメンバーだった」とあります。サヴィル・クラブと共に、「ジェントルマンのクラブ」と称される、これらのクラブとはどんなものだったのでしょうか。「19世紀後半のロンドン・クラブ」[ref]Antonia Taddei 続きを読む

ラングとThe Magazine of Art

ングの新聞雑誌掲載の文章は追跡不可能なほど多いのですが、1882年頃からのもので、The Magazine of Art掲載のものは追跡できました。インターネット・アーカイブがトロント大学所蔵のものを掲載してくれています。 The Magazine of Artという雑誌は1878年創刊で1904年まで続きましたが、1881〜1886年に詩人のウィリアム・アーネスト・ヘンリー(William Ernest Henley: 1849〜1903)が編集長として担当した時期に変貌を遂げ、中産階級の美的センスに多大な影響を与えたと評されています(注1)。それは美術分野だけでなく、詩、散文、批評、考古学、民俗学なども含め、定期的な執筆者にはヘンリーの友人であったロバート・ルイス・スティーブンソンもいます。ラングも頻繁に寄稿しています。 ヘンリーについて、彼の詩「インビクタス」(Invictus, 1875)がネルソン・マンデラの伝記映画の題名(2009, (注2))になり、マンデラが獄中で心の拠り所にした詩とされています。ヘンリーの略歴については、「ヴィクトリアン・ウェブ」掲載の論文(Dr. Andrzej Kiniejko, (注3))から抄訳します。ヘンリーは12歳で骨結核と診断されて、十代で片足をなくし、病院での長い闘病生活中に文芸誌に詩を投稿して認められます。1875年、26歳の時に入院中の彼をR.L.スティーブンソンが訪れたことから二人の友情が始まり、スティーブンソンの『宝島』(1883)の片足のジョン・シルバーはヘンリーをモデルにしたということです。ヘンリーはまた、編集者としての才能にも恵まれ、The Magazine of Artを含め、4種類の雑誌の編集をしました。 以下に1882〜1886年発行のThe Magazine of Artに掲載されているラングおよびその他、私が注目した記事を紹介します。尚、1881年刊はデジタル化されていないようです。この雑誌は月刊誌だったようですが、前年11月号から翌年10月号までを1冊にまとめたものがデジタル化されているため、それぞれの記事が何月号掲載だったか、はっきりわかりません。

ウィリアム・アーネスト・ヘンリー編集のThe Magazine of Art

1882年:The Magazine of Art, vol.5(注4)
Andrew Lang, 「未開人の芸術I—装飾美術」(“The Art of Savages.—I. Decorative Art”, pp.246—251)
Andrew Lang, 「未開人の芸術II—描写」(“The Art of Savages.—II. Representation”, pp.303〜307)
Andrew Lang, 「テームズ川とその詩情」(“The Thames and Its Poetry”, pp.377〜383)
1883年: The Magazine of Art, vol.6[ref]The Magazine of Art,
続きを読む