toggle
中国

英米に伝えられた攘夷の日本(3-1)

警告: 整合性のない脚注開始用の簡単コード:

この警告が見当違いであれば、管理画面の 全般設定 > 脚注の開始・終了用の簡単コード > 簡単コードの整合性を検査 にある構文検査の機能を無効にしてください。

整合性のない脚注開始用の簡単コード:

“:Madhavi”

1840年代にはフランスのカトリック教会が日本進出を狙う様子が「伝道協会」刊の報告書から読み取れます。イギリスの軍事力で日本にも開国を迫れという調子の文章がカトリック神父の報告書に書かれています。

西欧列強が中国の次に狙う日本

トリックの伝道を世界中で展開する「伝道協会」(Society for the Propagation of the Faith)の1840年代からの年報を読むと、西欧帝国主義の実態が見えてくるようです。この年報は「新旧世界の布教に従事する宣教師と司教の書簡集および伝道協会と布教に関するすべての文書」という副題がつき、世界中に派遣された宣教師が各地の様子を伝える内容です。この協会はローマ・カトリック教会が世界中で伝道するための資金援助組織で、1822年にフランスのリヨンで組織され、1922年に本部がフランスからローマに移されて、ローマ教皇がすべてのローマ・カトリック伝道のための募金・分配機関にしたそうです[ref]”Society for the Propagation of the Faith: Roman Catholicism”, Encyclopedia Britannicahttps://www.britannica.com/topic/Society-for-the-Propagation-of-the-Faith[/ref]。 イエール大学図書館のデジタル・アーカイブに1842年〜1853年の年報が掲載されています。その中に日本に関する記述がないか調べたところ、興味深い内容に溢れています。たとえば、『1846年の伝道年報』[ref]Annals of the Propagation of the Faith, a Periodical Collection of Letters from the Bishops and Missionaries Employed in the Missions of the Old and New World; and Of All the Documents Relating to Those Missions, and the Institution for the Propagation of the Faith, Vol.VII for the Year 1846., London, 1846.以下のYale University Libraryのオンラインのうち、v.7-8 (1846-47)をクリックすると、デジタル版が読めます。http://guides.library.yale.edu/c.php?g=296315&p=1976858[/ref]に、中国での布教について書かれているのですが、第一次アヘン戦争(1839-1842)後のことが以下のように書かれています。
中国の古い帝国はぐらついている。今までキリスト教への対応を固守していた障壁を、中国は初めて下げて、キリスト教禁止令の不当な厳しさを緩めた。拷問や死をも恐れない勇敢な使徒たちは、朝鮮半島の、人を寄せ付けない海岸に再び上陸した。朝鮮半島を囲む海は使徒たちの英雄的な企てから日本を守りはしないだろう。日本で再び聖なる旗を上げることになっている者たちは、すでに日本の海岸に近づいている。(p.141)
 次に、報告書「中国の布教」に掲載されている1844年10月13日付のクラヴリン神父[Father Clavelin]の手紙(pp.174-188)にも、日本について言及されています。彼が上海に上陸してからの見聞記です。
[広州湾の舟山島]定海で最も強く印象付けられたのは、古代の寺院は今やイギリス兵の兵舎に変わっていたことです。(中略)寺院に設置されている像をイギリス兵が面白がって破壊しました。一人は鼻をへし折り、もう一人はツノを、そして3人目の兵士は歯を攻撃しました。こうして哀れなブッダは像全てを失いました。(中略)寺院を出ると、私たちは丘に登りました。丘は[町を囲う]塀の内側に位置しており、頂上から[上海の]街全体と港、その周辺が見渡せました。イギリスは第二次戦争[1841年10月の舟山島占拠]開始時にこの高さをよじ登ることで、この町の所有者になったのです。最初の休戦はすぐに破られてしまいましたが、休戦の結果、イギリス軍は定海から引き上げました。中国軍は次の[イギリスの]侵略から自分たちを守るために、ヨーロッパ人が以前やってきた場所に堅硬な城壁を急いで築き、その上に大砲50基を据えました。イギリス軍はすぐに戻ってきて、自分たちが以前上陸したところが強固な要塞と化しているのを見て、ポジションを変えただけでした。一つの連隊が反対方向から町を攻撃し、短期間の抵抗はありましたが、町に入りました。それは中国人にとって驚きで、彼らは「この野蛮人たちは魔法使いだ。我々はここを強固な要塞にしたのに、彼らは大砲に向かってくるのではなく、何の防護もない別の方向から町を奪還した」と言っていました。これで中国人が高い軍事知識を持っていることがお分かりでしょう。彼らは爆弾の使い方も知りませんでした。イギリス軍が最初に爆弾を彼らに向けて発射した時、それが砲弾のように真っ直ぐ飛んでくるのではなく、上から落ちてくると知ると、弾を避ければ十分だと思って、その後、一見無害に見える発射体を検分しようと、彼らは破裂弾に走って行きました。それが爆発した時の彼らの驚きがどんなものだったか想像してみてください。(pp.177-180)

アヘン戦争でイギリス軍として戦ったインド兵

 近代兵器の威力を知らない中国兵を侮蔑する神父の言葉に戦慄を覚えますが、第一次アヘン戦争の犠牲者は、1847年にイギリス政府に提出された報告によると、イギリス軍の死者69人、負傷者451人、中国軍は推測で死傷者18,000〜20,000人とされています([ref]Peter C. Perdue, “Hostilities” in “The First Opium War: The Anglo-Chinese War of 1839-1842”, MIT Visualizing Cultureshttps://ocw.mit.edu/ans7870/21f/21f.027/opium_wars_01/ow1_essay03.html[/ref], p.1)。 クラヴリン神父は、この舟山島の戦で、イギリス軍は1,200人の兵士を投入し、そのうち200人がインド人で「異教徒かモハメッド教徒」だと述べ、以下のように続けます。「この戦いの間、これらの黒人兵があまりの不品行を働いたために、中国人、特に商業に従事していない階級の中国人の心にイギリスの名前に対する深い憎しみを生みました」(p.181)。弱体化していた中国政府はこの感情を取り締まるために、イギリスの交易所に放火した者や、イギリス船員を虐殺した者を公開処刑するなどしたと述べています。 第一次アヘン戦争でインド兵がイギリス軍として戦っていたというのは、正式なイギリス領インド帝国成立が1857年ですし、どういうことだろうと調べてみると、以下のことがわかりました。「舟山島定海をイギリス軍が占領した時、イギリス軍にはベンガル志願兵隊、マドラス工作・鉱夫隊、マドラス砲兵隊、マドラス原住民歩兵隊の第18, 26, 49, 41連隊が含まれていた」([ref]:Madhavi 続きを読む