toggle
2019-07-04

英米に伝えられた攘夷の日本(6-5-4)

1858年4月から10月まで英米メディアで報道された第二次アヘン戦争、インドの反乱、日本関連記事を概観します。

  • 1858年4月17日(NYT,(注1)):「イギリスの中国政策」『ロンドン・タイムズ』4月1日
    我が政府が成功裏に始めたことを続ける仕事が残っている。イギリス国民は永続する利益を世界に与える機会がある。インドが炎に燃えている時、カントンを封鎖し続ける勇気がある。アワドが再び完全に占領される頃には、中国の島の都市と航行可能な川にイギリス国旗が上がるのを見るだろう[原文は斜体で強調]。(中略)我々が他国の協力を求める原則は誰の目にも明らかだ。それは我々がこの仕事を1国だけではできないという理由からではない。あらゆる国が共通の条約という利益を共有すべきだからである。(中略)舟山[Chusan, Zhoushan]を占領しよう。もし我が隣人フランスが舟山の占領を望んでいれば、彼らにも中国の海に植民地を作らせればいい[原文強調]。中国シルクのフランスへの輸入は非常に大きいが、この貿易は主にイギリスとアメリカの船で行われている。フランスにも植民地を設立する土地を得る資格は公平にある。我が国は隣人たちに嫉妬していないが、我々の東アジアにおける偉大で増え続ける権益があり、自分たちの商業と我々の広大な保護領の商業の発展のために必要な領土的権利を手にいれる完全な自由度は保持しなければならない。
  • 1858年4月24日(ILN,(注2)):「日本とコリアのスケッチ」
  • 1858年5月22日(NYT):一面「アメリカの南方への拡大を願うイギリス」『ロンドン・タイムズ』より
     アメリカ合衆国による中南米の弱い共和国の吸収はこれ以上遅れてはならない[原文強調]。メキシコとニュー・グラナダ[ヌエバ・グラナダ共和国:現在の中南米の複数の国の一部から構成されていた]は自然の腐敗によって陥落寸前だが、国籍の降伏に向かう動きが始まっている。ベネズエラも似たような運命に向かっている。メキシコに関しては、国土のうち最も豊かな地域の買収が進んでいる。アメリカ政府はもう少し待ちさえすれば、国[メキシコ]そのものを[アメリカの]言い値で手にいれられるかもしれない。(中略)ニュー・グラナダに関しては、たいして時間はかからないだろう。この1,2年この共和国と合衆国の間で紛争があった。共和国の国民がパナマ地峡をめぐる暴動で負傷したので、その賠償をアメリカに求めているからだ。アメリカは地峡の通行権を将来的に保証する条約を求めているが、ボゴタ議会で反対が続いている。もし条約が批准されれば合衆国にとっては重要な権益をもたらす。もし拒否されたら、武力で要求するものすべてを取る理由となるだろう。(中略)ニュー・グラナダがアメリカに併合されたら、ベネズエラの吸収は当然のこととして続いて起こる。(中略)ニカラグア・コスタリカ・サルヴァドール・ホンジュラス・ガテマラなどの小国もこの流れに続く。これらの国々の唯一の障害は、合衆国とイギリスが中央アメリカを支配することを禁じている「クレイトン・ブルワー条約」(注3)である。しかし、ワシントンではこの条約を破棄する動きが進んでいる。
  • 1858年7月15日(NYT):「日本人船乗りの救助—興味深い詳細」
  • 1858年7月17日(ILN):「インドと中国」((注3), p.54)
    インドと中国からの7月7日付情報によると、中央インドで反乱軍が再び問題になっている。バラックポール(西ベンガル)連隊は解散か中国派兵に応じるかの選択がある。

The 70TH Bengal Native Infantry Drawing Rations at the Commissariat Stores, Canton.
カントンの兵站部で配給する第70ベンガル原地人歩兵隊(ILN, 1858年7月17日)

  • 1858年7月22日(NYT):「キューバ獲得/ コマンチェ・インディアンの略奪」
  • 1858年8月5日(NYT):「満州—中国におけるロシア—アムール川—占領進む」
  • 1858年8月11日(NYT):「同盟国が北京へ進軍」
     海河(Peiho)河口の砦を英仏同盟軍が占領。同盟国の軍事力によって遅かれ早かれ中国皇帝は同盟国の要求に同意せざるを得ないだろう。これらの要求の正当性はロシアとアメリカ合衆国によって認められた。残念ながら、我が国の政府は彼ら[イギリス]が使わざるを得ない暴力的方法に反対している。しかし、過去18ヶ月の中国問題の歴史に精通している人なら誰もが武力による以外、武力のみが中国政府と国民に国際法の原則を認め受け入れさせることができるのだという結論に達するだろう。(中略)

     中国帝国を文明と貿易に開かせる偉大な仕事がイギリスとフランスによって精力的に始められたが、同様のエネルギーで続けられていないことは遺憾である。中国との交渉で多くの失敗や遅延があったのは無用というよりもっと悪い。

  • 1858年10月9日(ILN, p.335):7月22日付、本紙特別アーティスト・特派員より
    3日前、[ここカントンの]繁華街は勤勉な人々の活気に満ち溢れていたのに、わずかの間に本当に恐ろしい荒廃の情景に変わってしまった。全焼し、全壊した家々の骨組みしか残っていないが、そこから巨大な煙の塊が上がっている。[この後、兵士たちによる略奪の様子も描かれていますが、省略します。下の2葉の挿絵がカントンの廃墟と略奪の様子です]

Appearance of a busy street in Canton after a visit from “Ye Barbarians”
「汝ら野蛮人」の訪問の後のカントンの繁華街の様子(ILN, 1858年10月9日, p.335)

Return of the Avengers 復讐者の帰還(ILN, 1858年10月9日, p.335)

  • 1858年8月16日(NYT):「我が国の領土の拡大」
     アメリカ合衆国のフランス大使メイソン氏は我が国の領土の拡大—ルイジアナ・フロリダ・テキサス・カリフォルニア—は我が国にとって価値あるだけでなく、商業世界全体にとって膨大な利益をもたらすと言った。当該地域の併合は我が国だけのために行ったのではなく、世界全体のために行ったのだ。

    ヨーロッパの国々の政府の対応は我が国の領土拡大に関して驚くべき変化を示している。アメリカの併合を非難せず、暗黙か賛同表明をしている。我が国のキューバ買収をイギリスはもう反対しないし、我々がメキシコを保護することを公に求めている。同時にフランスやその他のヨーロッパ諸国は我々が今後アメリカ大陸で行う領土獲得に対して、介入も抗議もすることはないと信じる確かな証拠がある。(中略)

     実行にかかるコストと問題を考慮すると、キューバを買収し、メキシコを支配し、中央アメリカに我が国の権威を確立する価値があるか考えるだけだ。このいずれでも我々が積極的に行うと決めれば、大西洋の向こうから反対は来ないだろう。それどころか、ヨーロッパの国々は我々の領土の拡大と我々の企ての普及に貿易増大の確かな保証と商業の上昇という明るい約束と我々の占領によって与えられる利益を見るだろう。

  • 1858年8月20日(NYT):「我々の中国との関係」「大沽(Ta-koo,またはTa-ku、北京・天津の海の玄関口)の砲撃」本社特派員より、上海、1858年4月13日
     キリスト教国の注目はインドの血なまぐさい悲劇に釘付けになっていたが、再び中国に向けられる。連合軍によるカントン占領と4列強の使節団が条約の更新のために北に向かっていることが当然ながら、人々の期待を最高潮に達しさせた。(中略)昨日、我が国の全権大使はミシシッピー号で海河河口に向かった。この動きはその他の全権大使と合わせていて、皇帝が列強が決めた場所と日時に交渉することを拒否したために急に決まったことである。(中略)

     列強の艦隊がどの戦艦で構成されるのか確かなことはまだわかっていないが、英国艦隊はもちろん他の艦隊よりはるかに多いだろう。14隻以上の船団かもしれない。ロシアの艦隊は数はそれほど多くないかもしれないが、その船の大きさでは中国に威力を示すに十分だろう。中国は昔からロシアを手強い隣人だと恐れている。

     数の上ではアメリカ艦隊は他の好戦的な列強には劣るが、アジアの海に集まっているヨーロッパ海軍の中で、我が国の星条旗が飾られている船は海軍造船術の最も高貴な成果を誇らかに示していると、誇りを持って言える。(中略)外交的無敵艦隊の船団が会合場所に向けて進む不規則な方法はある者たちによって賢明ではないと非難された。(中略)

     列強の艦隊を中国皇帝の立場から見たら、このような巨大な戦争の準備を見て、どうやって平和的な性質の抗議に自信を持てるのだろうか?(中略)大統領と[ロシア皇帝]ツァーの命令がこれらの恐ろしい無敵艦隊を「声だけでそれ以上のものではない」(vox et praterea nihil)ものに引き下げたと、どうやってわかるのか?(中略)

     幸いにも、中国と我々の本当の利益のためには、エルギン卿とグロ男爵(Jean-Baptiste Louis Gros: 1793-1870)は中国皇帝に命じる立場にあり、帝国の南の鍵を持って行って、北の首都の門を開ける時に、締め出されることはない。(中略)皇帝は現在の危機の緊急性を理解する聡明さがあるだろうか?必要性の命令に迅速に従い、4列強の進歩のための要求を予測する聡明さがあれば、彼は王朝の歴史の中で自分の治世が最も輝かしい時代にできるのに。しかし、彼にはその聡明さがない!彼の不完全な光では、列強の要求を容認することは王位から退位するに等しいとしか見られず、抵抗すること以外できない。彼が抵抗すれば、戦争がどの程度長引くかという面白い問題になる。

     北部の海岸線に限られ、非常に短い期間になるだろう。北京を船上の砲台から爆撃するのは全く実行不可能だ。(中略)幸いにも、皇帝の目を覚まさせるには、もっと安い方法がある。皇帝を手に負えない小学生のように扱い、断食という苦行をさせることだ。彼の首都は海からの供給に多く頼っている。港を封鎖すれば、すぐに命乞いするだろう。この強圧的な方法を実行する感謝されない仕事はイギリスとフランスの仕事だ。我々は攻撃的な方法に参加することから排除されてきたので、我がイギリスの友人は我々がミルク桶を持って待っていると絶えず非難してきた。我々の中立は戦闘意欲の衰えを示すものではない。(中略:アメリカ軍の戦闘について例示)

  • 1858年8月21日(NYT):「インドと中国から重要なニュース」
    大西洋電子網が完成し、インドの反乱に関するニュースが血が乾かないうちに届くようになる。
  • 1858年8月27日(NYT):「中国との和平」「中国戦争終了」
  • 1858年9月17日(NYT):「和平条約のニュースの確認」
  • 1858年10月23日(ILN, p.389):香港発、8月24日、特別アーティスト・特派員より
     最近、[カントンの]西部で数枚の扇動的なプラカードが見つかった。野蛮人たち[英仏]が罪を償い、完全に改心するまで、市内に戻らないよう、再び住むことを控えるようにという警告だ。それまで我々は対等に共生することはできないだろう。

    もう一つは、この地域全体の人々の声明で、フランス人とイギリス人が計り知れない怒りで弾劾されている。それによると、1000万人が略奪され、寺院は汚され、先祖の広間は貶められ、皇帝の喜びが記された凱旋門は破壊された。これらの暴虐には髪の毛が逆立つ。我々の犯罪に対する憎しみの感情は骨の髄まで染み込む。彼らは同じ天の下で我々と共に暮らすことはできない。しかし、彼らは言う。「我々は多数だ、彼らは少数だ!臭気を放つ犬め、野蛮人め、一人が一匹を殺せば、やがてみんな駆除できる」。彼らは我々が死ぬまで休まることはない。(中略)

     アングロサクソンというのはなんと矛盾に満ちていることか!彼らは中国人が外国人に開国しないと言って、襲いかかった。同時に、カリフォルニアとオーストラリアではこのモンゴル人種が上陸するのを阻止する法律を制定した。これは全く理不尽だ。もし賢いことができるとしたら、香港に群れているカリフォルニアの浮浪者たちを排除することだ。彼らは中国人の千倍も野蛮だ。絶えず呑んだくれ、喧嘩をし、威張って歩き回る、人間のクズだ。

 第二次アヘン戦争は1860年1月まで、インドの反乱は1859年1月まで続きますが、この後は日本との関連で紹介するにとどめたいと思います。本節、最後に紹介する記事は、捕虜になってカルカッタに送られた葉長官の死についてです。断食を続けて亡くなり((注4), p.6)、亡骸がカントンに送られて葬儀が行われたという記事です。

  • 1859年8月6日(ILN, p.129):「葉長官の葬儀」チャイナ・テレグラフより(注5)
     葉の亡骸が5月14日にカントンに到着したが、何の騒ぎも起きなかった。翌朝、広いボートが棺の入っている入れ物を引き取りにやってきた。北東門近くの墓地に埋葬されるらしい。Friend of China紙を引用する:葉はまだ53歳だった。普通ならもっと長く生きるはずだった。しかし、生まれ故郷を再び見たいと言った彼の願いが彼の生命の糸を短くしようとしたのかもしれない。憐れむべきかな葉!彼は真実と対するに驚くべき方法をとった。切望の表現さえ、彼の全人生がそうだったように、巨大な嘘だった。

    カントンの言語学者[linguist:通訳?]とボート・ピープルは彼がもはや存在しないと知って喜んだ。「彼の撤去の儀式がなくなる」と言語学者の一人が言った。「皇帝は彼の肩書きを全て剥ぎ取った。彼は路上のクーリー以上の者ではなくなった」。「葉というのはこの程度なのだ。こんな結果のためにカルカッタからカントンまでの輸送代が700ドルというのはいかにも高い」。

    別の話によると、亡骸が着くと、東の地区の寺に安置され、5月27日までそのままだった。そしてイギリス警察の一行とイギリス人技術者たちがやってきて棺を開けた。遺体の保存状態は良かったが、もちろん気持ちの良いものではない。鉛の棺で、錫で覆われ、硬いチーク材の入れ物に入っていた。彼の遺体用に用意されていた中国の棺は途方もない大きさで、長さ7フィート、幅4フィート、厚さ2フィートで美しい装飾が施されていた。遺体は帽子とブーツを含めて正式な制服に着替えさせられ、棺の中に非常に美しいシルクのマットレスが敷かれて、その上に安置された。故人が使えるようにと、生活必需品が入れられ、棺の蓋が閉められた。北に移動の場合に備えて、全ては彼の奉公人に委ねられた。故人に対して、カントン近郊の全中国人役人から敬意が示された。悲しみが、本物であろうと偽物であろうと、一度ならず涙で表明された。最高の秩序が保たれ、外国人の出席に反対は見られなかった。

 ある研究書によると、葉長官はイギリス人によってモンスターとして描かれ、アロー戦争、または第二次アヘン戦争は一人彼にせいだとされてきたそうです。イギリス人アーティストが描いた肖像画はモンスターのようで、葉に会ったイギリス人ジャーナリストはこのアーティストが「生のステーキと生の玉ねぎを食べたために、恐ろしいファンタジーが呼び起こされたに違いない」と批判したそうです。それでも、この肖像画は印刷され続け、葉が戦争の原因だという研究書(ハーヴァード大学、1992年刊)まであると指摘しています((注4), pp.9, 127)。

印刷ページを開く

   [ + ]

1. “British Policy in China”, The New York Times, April 17, 1858, p.2 .
https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1858/04/17/issue.html
『ニューヨーク・タイムズ』には上記URLの日付を変えればアクセスできますので以後は省略します。
2. ”Sketches in Japan and Corea ”, The Illustrated London News, April 24, 1858, Vol.32, Jan.-June 1858, p.408. 米国大学図書館協同デジタルアーカイブ、ハーティトラスト・デジタル・ライブラリー 
https://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=uc1.c0000066811
3. ”India and China”, The Illustrated London News, July 17,1858, Vol. 33, July-Dec., 1858, p.54. ハーティトラスト・デジタル・ライブラリー
https://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=uc1.c0000066829
4. J.W. Wong, Deadly Dreams: Opium and the Arrow War (1856-1860) in China, Cambridge University Press, 1989.
5. ”Funeral of Commissioner Yeh”, The Illustrated London News, August 6, 1859, vol.35, 1859 July-Dec., p.129. ハーティトラスト・デジタル・ライブラリー
https://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=mdp.39015007000857