toggle
記事

ラングとThe Magazine of Art

警告: 整合性のない脚注開始用の簡単コード:

この警告が見当違いであれば、管理画面の 全般設定 > 脚注の開始・終了用の簡単コード > 簡単コードの整合性を検査 にある構文検査の機能を無効にしてください。

整合性のない脚注開始用の簡単コード:

“The Magazine of Art,”

ングの新聞雑誌掲載の文章は追跡不可能なほど多いのですが、1882年頃からのもので、The Magazine of Art掲載のものは追跡できました。インターネット・アーカイブがトロント大学所蔵のものを掲載してくれています。 The Magazine of Artという雑誌は1878年創刊で1904年まで続きましたが、1881〜1886年に詩人のウィリアム・アーネスト・ヘンリー(William Ernest Henley: 1849〜1903)が編集長として担当した時期に変貌を遂げ、中産階級の美的センスに多大な影響を与えたと評されています[ref]Liela Rumbaugh Greiman, “William Ernest Henley & The Magazine of Art”, Victorian Periodicals Review, Vol.16, No.2 (Summer, 1983), pp.53-64.http://www.jstor.org/stable/20082073?seq=1#page_scan_tab_contents[/ref]。それは美術分野だけでなく、詩、散文、批評、考古学、民俗学なども含め、定期的な執筆者にはヘンリーの友人であったロバート・ルイス・スティーブンソンもいます。ラングも頻繁に寄稿しています。 ヘンリーについて、彼の詩「インビクタス」(Invictus, 1875)がネルソン・マンデラの伝記映画の題名(2009, [ref]この映画の抜粋がワーナーブラザースのサイトから視聴できます。http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus/(上記サイトを開くと同時に音楽が流れます。閲覧時にはご注意ください)[/ref])になり、マンデラが獄中で心の拠り所にした詩とされています。ヘンリーの略歴については、「ヴィクトリアン・ウェブ」掲載の論文(Dr. Andrzej Kiniejko, [ref]Dr Andrzej Kiniejko, “William Ernest Henley: A Biographical Sketch”, The Victorian Web. http://www.victorianweb.org/authors/henley/introduction.html[/ref])から抄訳します。ヘンリーは12歳で骨結核と診断されて、十代で片足をなくし、病院での長い闘病生活中に文芸誌に詩を投稿して認められます。1875年、26歳の時に入院中の彼をR.L.スティーブンソンが訪れたことから二人の友情が始まり、スティーブンソンの『宝島』(1883)の片足のジョン・シルバーはヘンリーをモデルにしたということです。ヘンリーはまた、編集者としての才能にも恵まれ、The Magazine of Artを含め、4種類の雑誌の編集をしました。 以下に1882〜1886年発行のThe Magazine of Artに掲載されているラングおよびその他、私が注目した記事を紹介します。尚、1881年刊はデジタル化されていないようです。この雑誌は月刊誌だったようですが、前年11月号から翌年10月号までを1冊にまとめたものがデジタル化されているため、それぞれの記事が何月号掲載だったか、はっきりわかりません。

ウィリアム・アーネスト・ヘンリー編集のThe Magazine of Art

1882年:The Magazine of Art, vol.5[ref]The Magazine of Art, vol.5, 1882.インターネット・アーカイブの以下のページで雑誌全体を見ることができますし、pdfもダウンロードできますが、ページ上で見る方が鮮明です。本サイトに掲載したのは、pdfからなので、多少ぼやけてしまいます。https://archive.org/details/magazineofart05londuoft[/ref]
Andrew Lang, 「未開人の芸術I—装飾美術」(“The Art of Savages.—I. Decorative Art”, pp.246—251)
Andrew Lang, 「未開人の芸術II—描写」(“The Art of Savages.—II. Representation”, pp.303〜307)
Andrew Lang, 「テームズ川とその詩情」(“The Thames and Its Poetry”, pp.377〜383)
1883年: The Magazine of Art, vol.6[ref]The Magazine of Art,
続きを読む

ラングの一貫性

ラングは若い時から死ぬまで一貫した見解の持ち主だった

 ングを評する時に使われる”versatile”という語の意味は「多才、多方面」だというのは、見てきた通りです。ところが、もう一つの意味に「変わりやすい、きまぐれ」があることに着目して、「ラングはversatileではない」と主張した同時代人の評論家がいました。文学評論家のエドモンド・ゴッセ(EdmundGosse: 1849〜1928)がラングの死の翌年に出したエッセイ集『ポートレートとスケッチ』(Portraits and Sketches, 1913, (注1))にラングについて以下のように述べています。尚、翻訳にあたって、[ ]でくくった部分は、訳者として私が参考になると思う内容を付け加えたことをお断りしておきます。
 ラングの功績の巨大さと大量なことには言葉を失う。どこから始め、どこで終わればいいのかわからない。彼の著作物はあまりに多く、その中に分け入って、著書目録を作るのは手に負えない作業になる。どの本も卓越していて、彼の人となりも、知性も品性も同じで、あまりに多くの矛盾に満ちており、早まって断定してしまうと、多くの落とし穴に落ち入ってしまう。衝動的な奇妙な気まぐれが多過ぎて、全体を分析するのは長い作業になるだろうし、すべてに公平な評価を下すことはほとんど出来ない。それでも、あえて書き留めることにする。彼の死に際して、ラングについて書いた人々は多くは好意的に書いていたが、中には不正確な記述や、見逃されていると思えたものもあった。それらを思い出すままに書こうと思う。この前提として、私が彼に頻繁に会っていた1877年から1890年にかけてのラングについて述べる。 彼が亡くなった時、すべての新聞が彼の「多才さ/多方面」(versatility)を声高に書いていた。だが、彼は多才/多方面の正反対だったのではないだろうか。私は、”versatility”を、変わりやすく、移り気で、風見鶏の方向に絶えず転換しやすいことだと理解している。文学分野でそのいい例はラスキン[John Ruskin: 1819〜1900]だ。彼は同じテーマについて、人生の各段階で全く異なる見解を示し、それを同じ情熱で主張した。”versatile”ということは、不安定で変わりやすいということだ。 しかし、ラングは彼の長いキャリアの間、全く変わらず、見解を決して変えなかった。青年時代に好きだったもの、賛美したものを、年とってからも好きだったし、賛美していた。彼の関心と知識は驚くべき多くの道に活発に向かっていったが、豊富ではあっても、変わりやすい(versatility)とは私には思えなかった。(中略)ラングは並外れて多形でありながら、彼のバラエティはオックスフォード大学時代から墓場まで全く一貫していた。[pp.199-200]
 この後、ゴッセはラングの大学時代と文学分野での彼の関心について述べていますが、文学以外の分野については全く触れていません。私が注目したのは、見解が変わらなかったというゴッセの見方がラングの最初の論文(1877年)と死の前年刊の『トーテミズム研究の方法論』(Method in the Study of Totemism , 1911)に共通していることです。終生一貫したテーマを追ったことが窺えます。研究者としての最初の論文は『アリストテレスの政治学』(W.E. Bolland (tr.), Aristotle's Politics Books I. III. IV. (VII.). The Text of Bekker, 1877, (注2))に付けられたラングの解説(Introductory Notes)ですが、驚いたことに、解説文は105ページ(pp.1—105)、W.E. Bollandによる対訳本体は198ページ(pp.107—305)です。解説の最後の章「社会の起源」(The Origin of Society, pp.90—105)で、古代ギリシャ社会とオーストラリア先住民族アボリジニの家族制度との比較をした上で、以下のように締めくくっています。
 家族の起源は不愉快な側面を持つ問題である。私たちが人種の誇りという愚かさを投げ捨てることを家族の研究が教えてくれるなら、この研究の苦しさは報われるかもしれない。人種の誇りという愚かさは、いわゆるアーリア人が「下等人種」をばかにする時に、半科学的言い訳をさせるのである。「下等人種」という理由は、彼らの習慣がアーリア人の制度に影響を与えたことである。
 ラング独特の皮肉を込めたひねりで見解を伝えているように読めます。「アーリア人」という語で、私たちはナチスのアーリア人優越論を思い出しますが、ラングのこの発言はその半世紀も前のことです。ナチスのアーリア人優越論とユダヤ人迫害の犠牲者が戦後50年以上たってから語り始めたというニュースがありました。ナチスに家族を殺された当時、幼い子どもだったその人に、「アーリア人(ユダヤ人以外の白人)」に見えるから、ユダヤ人であることを隠して生き延びろと、逮捕した巡査が忠告して逃がしたというのです。この記事(「家族を殺害したナチスのマスコットになった少年、50年後に真実を語る」2007年9月24日、AFP (注3))を読み、ラングの1877年の発言を読むと、アーリア人優越論が19世紀から顕著だったことが窺えます。

19世紀の「アーリア人仮説」

 1877年のラングのこの見解の背景には、どんな動きがあったのでしょうか。最近第4版が出た『人類学理論の歴史』(A History of anthropological Theory, Fourth Edition, トロント大学出版局、2013)の著者ポール・エリックソン(Paul A. Erickson)が「19世紀自然人類学におけるインド・ヨーロッパ仮説」(”The Indo-European Hypothesis in Nineteenth Century Physical Anthropology” (注4))という1973年発表の論文で説明していることを紹介します。
    「アーリア人種」はペルシャ語・古代ギリシャ語・ラテン語・ドイツ語の構造的類似性に気付いた18世紀の言語学者によって作られた。[古代ペルシャ語でariya-はペルシャ人が自分たちについて使う名前で、イランIranはここから来た。サンスクリット語のarya-は同胞を意味し、その後は貴族という意味で使われた。(注5)] 現代の人類学者は「インド・ヨーロッパ仮説」を冷笑しているが、19世紀に魅力的な仮説になった理由は、(1)言語と人種を同一視する理論に成り立っていたこと、(2)「白人」のアーリア人は西洋文明の源と捉えられたこと、(3)アーリア種族からは多くの人種が除外されたため、人種分離主義(doctrine
続きを読む
1 7 8 9 10 11